過去に作った子供服ブラックフォーマルとの再会できそう

5mmタックワンピース

「ずぼらパリコレ」子供服オンライン講座主催の小川タカコです。

この画像は上の子が2才、下の子が1才直前の画像です。
ギンガムチェックのワンピの裾に、5mmのタックが入っているでしょう?
この時にすでにカネコイサオワールドの作品をやっていたのだろうと。

 

クラウドファンディングの応援とご尽力を心からお願いしております。

法人枠にパトロンさんが支援してくれました!
泣きそうに感動しています。ありがとうございます!

 

クラウドファンディングのリターンに、探している画像がありまして。

 

やったーーー(((o(*゚▽゚*)o)))
物は作っておくべきですね!現存してました!

 

我が家の3姉妹のブラッフォーマルを、父が末期ガンだとわかってから、介護虚しく危険な状態になって、急いで仕立てたのでした。

使うのは分かっていたけれど、作る気になれなくてギリギリまで作れる気にならなかったのです。
でも、いざ葬儀が近いとなると、そうはいかなくて。

 

Aラインのノースリーブで、コードテープを袖ぐりにも衿ぐりにも挟み込んで、それなりのレベルの生地で仕立てたから、葬儀の時も親族に子供たちを紹介するのが映えて、3人お揃いを褒めてもらえた作品でした。

それ以降は、冠婚葬祭やらお出かけやら、どんな時にも使えるヘビロテなアイテムになりました。

 

うちの子たちが着れなくなっても大事にしてあったのを、妹の子にあげたのが、現在は上の子の時のサイズでぴったりなのだと言うではありませんか~。

上の子がもう28才になるけど、未だに健在で6年生の姪っ子がお出かけに着てるってスゴイでしょう。

 

直ぐにも撮影して、現物を送ってくれる手配ができました!!!✿゚❀.(*´▽`*)❀.゚✿
やったねーー

 

 

過去の作品を時を経て、こういう再会ができるとは、感動です。
とても楽しみ!

 

コードテープを挟み込んだブラックフォーマルの子供服
現物との再会が楽しみでなりません。
このギンガムチェックは、どこの子にもらわれていったのやら。
過去の作品は、妹の手からそのお友達へと、引き取られていっています。

 

今も活躍しているかな。お役御免になっていたとしても、それはそれでい嬉しいかも♪

タカコ
子供服オンライン講座を主催。23歳の時にフリーランスで起業。29歳からはパリコレの作品を縫うことに。一流ブランドとの経歴は、再現性が高く、洗練された出来上がりを求め、数々のヒミツを実行したからに他ならない。子供服にも有効な、超絶わかり易く【失敗しないコツ】を伝授。『面倒くさがりなのに超一流!ずぼらでもパリコレ作品を縫えるヒミツ』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA