ターレット押え 押え金を3個付けたまま縫える芯棒

ステッチを何回もかける必要がある時に、大変便利なのが、このターレット押えです。

3つも押え金を付けたら、邪魔でしょうがないのですが、2個だけだとかなり早く、ガンガン縫うことができるので便利です。

左側に通常の押え金を付けておいて、段違い押えを右にセットして縫うと快調です。
ミシンのボディーで邪魔な部分に、ステッチの時以外は使わない段違い押えを付けておくのが〇

  1. 縫ってそのままステッチして、そして縫う。
  2. ダブルステッチのコバステッチ段違い押えと、7mm押えと、本縫い用の押え金で回転させながら縫う。

そんな作業がしやすくなります。

 

左側に押え金があると、縫う作業に実に邪魔になる為、これを付ける人はあまりいないのだそうですが、ステッチ定規を削れば、この便利さは手放せません^^

タカコ
子供服オンライン講座を主催。23歳の時にフリーランスで起業。29歳からはパリコレの作品を縫うことに。一流ブランドとの経歴は、再現性が高く、洗練された出来上がりを求め、数々のヒミツを実行したからに他ならない。子供服にも有効な、超絶わかり易く【失敗しないコツ】を伝授。『面倒くさがりなのに超一流!ずぼらでもパリコレ作品を縫えるヒミツ』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA