ステッチ糸を苦も無く縫えるヒミツの道具とミシン屋さんの紹介

段押えステッチ

パリコレ元顧問 ソーイングマスタ-小川タカコです。

さて、私の情報をキャッチしている方は、昨日に私が20年来の戦友とも呼ぶべき、恩人と再会したことを知っていると思います^^

私が独立して最初のミシンを買ったのが、東京精機さんでした。

夫が勤めているレストランのシェフが、東京精機さんの親戚筋の方だったんです。
最初に工業用のミシンと天吊りのアイロンとロックをローンで買いました。

工業用ミシン

もちろんお高い新品であるはずがなく、中古のそれはてんびん棒にカバーのない前時代的なミシンで、良く見ようとして頭を近づけすぎると、てんびんでオデコをしたたかにデコピンされるので、良く涙流してましたっけ。。。

悪くすると真っ青なアザになります(笑)
これで何回デコピンで泣かされたか…。

当然、糸切り機能もないので、小バサミで一々ミシン糸を切る為、小バサミを右手から離さずに、生地をコントロールして縫う職人稼業をしてました。

納期が迫った仕事が終わると、全身がバラバラになりそうなくらいに疲労困憊していて、子供たちに《お母さんは修羅場の紫だから、触るな》と厳命してましたw

【修羅場の赤】という掟を私が作って、子供たちに必ず守らせていたんですねぇ。
まま、そんなことは、またの機会に。

今回は

押え金の情報と、知る人ぞ知る【マジックかけ】の検証です。

動画編集は出来るだけ早くやります。

段押え 2,000円

片押え 1,100円

マジックかけ 9,500円

すべて消費税別、送料別になります。
送料は200円~。

年内発送可能です!
明日にも決済を済ませていただければ、押え金と接着芯も送れます。

不織布は遅れており、年明けて落ち着いてからの発送になってしまいます。

インベルはすぐにも発送します。
さてどうしましょうかねぇ。

コバステッチが嫌いな人には、何はともあれ段押えがあると、何も考えずにどんどんミシンを動かすだけなので、本当に楽です。

私は撮影の時に、顔の前にムービーカメラを置いて縫うので、顔を近づけられなくて遠くから腕を伸ばして縫うので、本当に難しいのです。

コバステッチ(0.1mmステッチ)は目勘(めかん=目で見た勘)で縫うのが常で、よほどがないと面倒で押え金を取り換えたりしないのですが

ムービーカメラがあると、縫いにくくて!
それが段押えでは、全く神経を使う必要がなくて、超楽ちんでした~~~~(≧▽≦)

みなさんの投稿を読んでいて、とても不思議なことがあります。
便利な道具になんで興味をそそられず、意地のようにノーマルな押えや、その他の物で頑張って苦労するの?

段押えは、確かに2,000円もするけど、一回買ったら一生壊れないっすよw
私は湿度が異常に高い宮城の賃貸で、ビニール袋に入れてなかった押えはいくつかダメにしちゃったけど、ビニールに入れてあるのはピンシャンしてます。

コバと0.5も両方持ってますが、とにかく便利っすわ。
びししいいいいいいいいいっっっ!!!!と決まる。

 

全然負担がないので、お勧めです。

使ったところの動画は、今夜にもアップします。
マジックかけも次回の動画で。

押え金の通販 ←こちらのサイト、金額の比較にどうぞ。
http://www.mishin7.com/SHOP/21071/26733/list.html

上記のリンクをご参照ください。
当店は問屋から直取引のため、かなりお安めの設定です。

ご注文、お問い合わせはこちら

タカコ
子供服オンライン講座を主催。23歳の時にフリーランスで起業。29歳からはパリコレの作品を縫うことに。一流ブランドとの経歴は、再現性が高く、洗練された出来上がりを求め、数々のヒミツを実行したからに他ならない。子供服にも有効な、超絶わかり易く【失敗しないコツ】を伝授。『面倒くさがりなのに超一流!ずぼらでもパリコレ作品を縫えるヒミツ』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA